〒389-0603 長野県埴科郡坂城町南条2747-4
塗装会社高塚塗装のTEL電話番号

高塚塗装電話番号
高塚塗装ホームページメニュー
HOME > 塗装ブログTOP

金属塗装製品ブログ

2020-09-23

試作品の塗装ご依頼

近隣地域のN社様より、試作品の塗装依頼がございました。

量産も考えておられるようで、ご協力させて頂きましたが、塗料に魔法の粉!?

を混ぜ合わせ製品に塗布します。

写真の通り、製品は「くし」です。この粉のおかげでマイナスイオンを発生し、髪に潤いが出るという優れモノです。

試作の結果は、大変好評をいただきまして、第二段階へと進んでまいります。

塗装にも色々可能性がある事を、改めて感じた作業でした。

この粉がマイナスイオン発生に一役買っているらしいです。

塗装に関して、どんな内容でも一度ご相談いただければ、経験を元に最善のご提案ができるかと思います。

お気軽にお問い合わせください。


2020-08-10

塗装ランクAへの挑戦

弊社、お陰様で多方面からのお客様からご依頼を頂いております。

そんな中でも「ランクA」の塗装のご依頼がありまして。

様はゴミブツ「ゼロ」(0.5mm以下のゴミは1つまでOK)の仕様です。

弊社の設備はクリーンルームなど無く、大丈夫か不安ではありましたが、

トライ&エラーを繰り返しながら頑張っております。

現在、不良率15%程でしょうか。まだまだ高い率ですが、大分要領を掴んできました。

日々勉強ですが、こういったご相談もお気軽にお申し付けください。

黒つや消しランクA塗装

2020-07-06

塗装前のエアブロー

今年は梅雨らしい日が続いております。

各地で水害も出ており、被害を受けた方々へはお見舞い申し上げます。

弊社、有難い事に最近いただくお仕事が有名処?な製品が多く、写真掲載の許可が得られない事が多いので、今回はこんな商品を紹介したいと思います。

アストロプロダクツ製スパイラルエアブロー
エア出口がクルクル回転しながらエアを放出します
以前から使っている物。モノタロウで購入

「スパイラルエアブローガン」と言っていいのでしょうか。

塗装前の製品にエアブローしてゴミブツを取るのに、とても良い仕事をします。

既に使っているという方も居られると思いますが、エアの威力?圧力?が他とは違います。

とは言え、エアブローガンとしては少々高額です。弊社で使用している物は比較的安価ですが十分使えます。

良い物で必ず必要とする物はドンドン取り入れて、品質向上を目指します。

皆様のお問い合わせお待ちしております。


2020-06-19

美観・実用性に伴う塗装

いつもお世話になっている「Y社」様よりご依頼。

自社でお使いになるようで。

こういう製品は無塗装というわけにはいきません。美観と実用性(必要性)を兼ねての塗装です。

一点物も是非ご相談ください。

ポールのようなパイプです。安全色の黄色で。
足元の一斗缶は、踏み台に使っていますが、弊社代表の場合は身長185cmなので使いません。

2020-05-29

日々成長

新型コロナウィルスの影響で、嫌なニュースばかりが入ってまいりますが、弊社はお陰様で大きな影響もなく稼働しております。

しかしながら、仕事においてお叱りを受ける事もシバシバ。

自分の未熟さを痛感しながら、チャンスを頂ける企業様には感謝しかありません。

日々誠実に、失敗も次の成功に繋がるよう努力していこうと思っています。

塗装待ちの製品や納品待ちの製品
塗装待ちの製品や納品待ちの製品
溶剤焼付塗装や粉体塗装のご依頼も増えてます
溶剤焼付塗装や粉体塗装も増えてまいりました。

2020-04-13

塗装におけるゴミ・ブツ対策

塗装業者にとって永遠のテーマ?にもなっております、ゴミ・ブツ対策です。

と言いましても、弊社では基本的な対策をコマメに行っているだけでございます。

しかしながら、こういった作業も手を抜くと、製品に簡単に現れます。

必要最低限の対応ではありますが、こういった作業も塗装にとっては大切な作業と肝に銘じております。

塗装ブース内壁に付着した塗料カスを削り落とします。
手前側はビニールシートを張り、塗装ブース自体の汚れを防止します。

2020-03-20

大型部品の塗装

2m超えの大型部品
床上クレーンにて吊った状態で塗装します
塗装完了。

地元企業F社様からのご依頼で、弊社トラックにもギリギリサイズの大型部品を承りました。

許容範囲を越えている?気もしますが、こういった大型部品をクレーンで吊って塗装するのは、比較的慣れております。(某メーカー様の構内下請けで、実績多数あり)

「こんな大きな部品は?」「こんな小さな部品は?」のご要望にも極力対応いたしてまいります。

是非、ご相談ください。


2020-03-02

塗装変更による剥離作業

上:艶アリ 下:艶消し
剥離後の製品

最近、ご依頼いただいております企業様から連絡がございまして。

「粉体塗料でも、艶アリ・艶消しなどあるのですか?」と言うご質問でした。

通常、何の指定もなければ艶アリを選ぶ旨(この企業様は粉体の黒ならOKという指示でした)、粉体塗料でも艶無し等選べる旨、ご説明しました。

どうやら弊社の作業以前に塗装業者が塗った塗料は艶消しだったようで。

そちらに合わせてほしいとの事でしたので、急遽剥離剤を調達いたしました。

数日間漬けておく必要があるので、この様な作業は短納期とはいきませんが、塗装に関わる事でしたら剥離に関しても一度ご相談いただければ、対応いたします。


2020-02-04

塗装の多様性

真鍮部品に塗装を施す
音響部品に黒塗装

地元企業のB社様よりご依頼いただきました。

音響に関する部品でして、素材は真鍮です。黒下塗りから艶消し黒を上塗りします。

専用の治具が無かったので、60mmのボルトでお手製治具を制作。

大型部品も喜んでお受けしますが、極小部品~中型部品(人力で上げ下げできる)が得意分野だと、自社工場を稼働してから解ってきました。

大量ロットも嬉しい限りですが、一点物&小ロットの短納期も得意としております。

お問い合わせお待ちしております。


2020-01-31

塗装の仕上がりを数字で表す

サンコウ電子社製 膜厚検査機
膜厚検査機プロープ(先端を塗装物に当てる事で膜厚を測定)

金属塗装を行うに際し、膜厚の指定がある作業もございます。(〇〇㎛以上、〇〇㎛以下等)

弊社でも、比較的安価な膜厚計は用意していたのですが、高精度の膜厚計を用意いたしました。

より誤差が少なく、正確に膜厚を測ることで多様な塗装にも対応していけるよう努力しております。

こういった指定作業のご相談も、お気軽にお問い合わせください。


ページのトップへ戻る