〒389-0603 長野県埴科郡坂城町南条2747-4
塗装会社高塚塗装のTEL電話番号

高塚塗装電話番号
高塚塗装ホームページメニュー
HOME > 塗装ブログTOP

金属塗装製品ブログ

2020-03-20

大型部品の塗装

2m超えの大型部品
床上クレーンにて吊った状態で塗装します
塗装完了。

地元企業F社様からのご依頼で、弊社トラックにもギリギリサイズの大型部品を承りました。

許容範囲を越えている?気もしますが、こういった大型部品をクレーンで吊って塗装するのは、比較的慣れております。(某メーカー様の構内下請けで、実績多数あり)

「こんな大きな部品は?」「こんな小さな部品は?」のご要望にも極力対応いたしてまいります。

是非、ご相談ください。


2020-03-02

塗装変更による剥離作業

上:艶アリ 下:艶消し
剥離後の製品

最近、ご依頼いただいております企業様から連絡がございまして。

「粉体塗料でも、艶アリ・艶消しなどあるのですか?」と言うご質問でした。

通常、何の指定もなければ艶アリを選ぶ旨(この企業様は粉体の黒ならOKという指示でした)、粉体塗料でも艶無し等選べる旨、ご説明しました。

どうやら弊社の作業以前に塗装業者が塗った塗料は艶消しだったようで。

そちらに合わせてほしいとの事でしたので、急遽剥離剤を調達いたしました。

数日間漬けておく必要があるので、この様な作業は短納期とはいきませんが、塗装に関わる事でしたら剥離に関しても一度ご相談いただければ、対応いたします。


2020-02-04

塗装の多様性

真鍮部品に塗装を施す
音響部品に黒塗装

地元企業のB社様よりご依頼いただきました。

音響に関する部品でして、素材は真鍮です。黒下塗りから艶消し黒を上塗りします。

専用の治具が無かったので、60mmのボルトでお手製治具を制作。

大型部品も喜んでお受けしますが、極小部品~中型部品(人力で上げ下げできる)が得意分野だと、自社工場を稼働してから解ってきました。

大量ロットも嬉しい限りですが、一点物&小ロットの短納期も得意としております。

お問い合わせお待ちしております。


2020-01-31

塗装の仕上がりを数字で表す

サンコウ電子社製 膜厚検査機
膜厚検査機プロープ(先端を塗装物に当てる事で膜厚を測定)

金属塗装を行うに際し、膜厚の指定がある作業もございます。(〇〇㎛以上、〇〇㎛以下等)

弊社でも、比較的安価な膜厚計は用意していたのですが、高精度の膜厚計を用意いたしました。

より誤差が少なく、正確に膜厚を測ることで多様な塗装にも対応していけるよう努力しております。

こういった指定作業のご相談も、お気軽にお問い合わせください。


2020-01-11

短納期塗装の対応

メラミン塗料にて焼き付け塗装
F社様 依頼品

明けましておめでとうございます。本年も髙塚塗装を宜しくお願い致します。

年明け地元企業F社様よりご依頼をいただきました。若干、予定の変更がありまして、当日の昼に受け入れ・同日の夕方納品。という短納期のご依頼でした。

今回の件は極端ではございますが、弊社では短納期の対応を極力可能とし、皆様のお役に立てればと思っております。塗料の調達、塗装の種類等ございますが、短納期、一点物製品、ぜひご相談ください。


2019-12-03

粉体塗装の準備完了テスト品

自社工場にて粉体塗装も行えるよう、各設備を整えた次第ですが、粉体塗装機は初めて使用する「旭サナック」社製です。

電圧、吐出量などを確認しながら調整していきます。

ついでに前処理槽(リン酸鉄処理)も使用してテストピースを粉体で塗装してみました。

乾燥炉の調整も上手くいっており、キレイに仕上がっております。

溶剤塗装も粉体塗装も作業準備万端ですので、何卒ご用命のほど宜しくお願いいたします。

粉体塗装テスト品
粉体塗装テスト品
粉体塗装の準備完了テスト品

2019-11-10

塗装と乾燥炉の資格について

塗装と乾燥路の乾燥設備作業主任者資格について
金属塗装の際に必要な焼き付け乾燥炉。それにも資格が必要。

塗装業には、各種必要な資格等がございます。

「塗装技能士」や、塗料を扱うのに必要な、「危険物取扱者」「有機溶剤主任者」はよく知られた資格ですが、乾燥炉に関した資格もあります。

この程、弊社でも「乾燥設備作業主任者」の資格を取得いたしました。

こういった資格の保有は、お客様がISO取得企業(取得を目指す企業様)だったり、安全シートデータ(SDS)の提出が必要な場合、実際に作業をしている我々が資格所有者で有るか否かで、お互いに信用性にも関わってくると思っております。

そんな訳でこれからも必要とされる資格があれば取得をしていき、皆様に信頼される塗装屋を目指していきます。

是非、お問合せ・ご用命のほどお願い致します。


2019-10-03

塗装前の洗浄と脱脂の違いと必要性

塗装前の洗浄と脱脂の違いと必要性
塗装前の洗浄と脱脂の違いと必要性2枚目

某メーカー様の鋳物部品です。

シャフト等組み込まれているので、グリスがベットリです。

塗装前処理は、通常使用する洗浄液でも油分は十分取れるのですが、グリスは溶けずに伸びるだけで厄介です。弊社では、この様な作業も経験豊富ですので、シンナー等を駆使してキレイに仕上げます。

サビ止めと称して、油ベットリの部品でも、最適な方法をご提案いたしますので是非ご相談ください。


2019-09-20

粉体塗料の上に溶剤塗装を噴霧

某メーカー様の板金カバーです。オートツ(凸凹)粉体塗料で塗られたものを色変更で溶剤塗料で塗装しました。脱脂はしっかりしますが、ペーパー研ぎは凸凹を消さぬ様、調整します。

粉体の上に溶剤

塗料は製品を保護するとともに、見栄えや美観、使い勝手にも影響します。高塚塗装ではそんな点もしっかりと考えた作業を心掛けております。
ご依頼の際は、打ち合わせにて詳細をお聞かせください。


ページのトップへ戻る